外観検査は、レーザーの時代へ

opt01 弊社では、長年の実績とノウハウで、従来からのカメラを使用した外観検査では難しかったシステムもレーザーを活用する事で解決してまいりました。カメラでは捉えられない特殊な傷や異物なども可視化できるケースがございます。さらに、汚れと打痕の分離や、打痕の深さ情報に基づく検査も実現しました。外観検査の自動化を諦めていた方、もっと検査精度を向上させたい方など、ぜひお気軽にご相談ください。

border新着情報

2021.10.25国際画像機器展2021に出展します。
2021.10.01溶接ビード検査システム VIROwsi の取り扱いを始めました。
2021.04.01TeraGauge 5000 の取り扱いを始めました。
2019.11.06国際画像機器2019に出展します。
2019.04.23画像センシング展2019に出展します。